日本の歯科医院に「術者に優しく、患者さんに可能な限り負担の少ないスケーリング」などの治療技術向上を目指す日本超音波スケーリング協会の公式HP

協会理念

  • HOME »
  • 協会理念

 協会理念 

現在、超音波スケーラーは日本全国ほぼ全ての医院で使われています。
しかし、これだけ広く普及しているにもかかわらず、正しい知識や使い方があまり伝わっていないのが現状です。

超音波スケーラーの最大のメリットは、

「術者と患者さんに優しい治療ができる」

ことです。

そのためにも正しい知識や技術を身につけなければなりません。例えば、

・超音波チップの歯面への当て方は?
・理想のパワー設定とは?
・フェザータッチの本来の意味って?
・超音波チップの選択方法
・注水のメリット
・超音波チップの破折の原因は?
・実際のスケーリング・デブライトメントの
ポジショニング、レスト、バキュームの位置やスケーリングの進め方

こうしたことを学んでいただきたいと考えています。

超音波スケーラーを使ったスケーリングやデブライトメントなどにおいて
「術者の指や手首の負担を軽減し、患者さんの痛みを可能な限り少なくし優しい治療をする」ための
正しい知識や技術を提供するのがこの協会の目的であり、理念です。

ポイントは

「術者の指や手首の負担を軽減し、患者さんの痛みを可能な限り少なくし優しい治療をする」

というところです。

超音波スケーラーはしっかりと正しい知識や技術を身に付ければこれが可能になる器械です。

スケーリング等は歯周病の治療の重要な要素の一つです。
治療自体が大切ですが、この技術によって患者さんからの評価も左右します。

「術者の指や手首の負担を軽減し、患者さんの痛みを可能な限り少なくし優しい治療をする」
これが実現できれば、貴医院にもお役に立ち、
そして一緒に働く衛生士さんの自信にも繋がると確信しております。

お問い合わせはコチラ

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.